実際の体験談をご紹介

女性でも安心して借り入れできました。(女性/40代)

女性/40代

私はパートをしている40代の主婦で、夫と子ども2人の4人で暮らしています。

レディースローンを利用したのは、主人のお父さんが病気で入院することになり、
主人の実家に経済的な援助をすることになったからです。

主人は一人息子ですし、お義母さんも専業主婦だったので手術費や入院費などの援助、
またパートの日数をセーブして入院中のお世話などを手伝っていたら、生活が厳しくなってしまいました。

できるだけ早くお金を借りたいということで消費者金融を検討したのですが、
やはり不安があり、悩んでいた時に見つけたのがプロミスのレディースローンです。

女性を対象にしているローンということで、普通のキャッシングよりも安心感があり、とりあえず電話してみました。

女性のオペレーターさんが対応してくれるので相談しやすかったですし、説明も丁寧で良かったです。

パートでも問題なく借入できるということで、電話でそのまま申し込みをしたのですが、
希望額を10万円で申請したところ、なんと20万円の限度額が認められました。

審査にどのくらいの時間がかかるのか分からなかったのですが、
すぐに在籍確認がされて、即日で融資を受けることができたのでビックリしましたね。

在籍確認の電話も業者名ではなく個人名でかかってくるので、消費者金融からだということは職場にはバレません

あまりたくさん借りるのは不安だったので10万円を借りたのですが、30日間の無利息期間がありましたし、
繰り上げ返済などについても丁寧に教えてもらえて、計画的に返済することができました。

レディースローンは女性が応対してくれるので安心ですし、条件が整っていればすぐに融資してくれるので、
急ぎでお金が必要という時には便利だなぁと思いました。

プロミス

プロミス
  • 30日間の無利息サービスと最短1時間で融資可能なスピードが売り
  • 対応スタッフが全て女性、パートをしている主婦でも借りれる
  • 顧客対応が良いという口コミが多く、信頼性が高くて安心できる

その他の体験談

レディースローンってどんなもの?

急に現金が必要になり、キャッシングやカードローンを申し込んでみたいものの、
怖いイメージがあって、なかなか手が出せないという女性は意外と多いです。

そんな時におすすめなのがレディースローンです。女性専用窓口が設けられており、気軽に利用できます

こちらでは、レディースローンの特徴やメリットについて紹介していきます。

レディースローンの特徴

レディースローンというのは、女性限定のキャッシングサービスです。

大きな特徴は対応するスタッフが女性に限定されていることで、
電話での借入申し込みや契約に関する相談などが同性との会話になるので、気持ちの負担が軽くなります。

女性にとってはカードローンの申し込みをする時、男性に応対されると怖いと感じることもありますが、
レディースローンではいつも女性スタッフが応対するため、連絡しやすいです。

また、女性専用のサービスになっていることから、主婦やパートなど男性ほど収入を得られないものの、
現金を必要としている状況を理解してもらいやすいです。

もちろん、安定した収入を得ていることが条件になりますが、収入が少なめの人も申し込み可能です。

家事との両立や子育てなどの事情があることを加味して、収入の範囲で返済できる額の融資ならば対応してくれます。

また、返済途中で臨時の支出や諸事情による収入の減少などがあった時、
男性相手では支払いの先延ばしを依頼しづらいですが、女性相手なので事情を説明しやすいです。

借入に対する優遇はあるのか?

レディースローンは女性専用のサービスということで、一般的な女性向けプランのような特典があるのではないかと思われがちです。

しかし、カードローンに関して言えば、利用者を女性に限定しているとはいえ、
従来のカードローンのサービスと大きな違いはありません。

金利や利用限度額などについては、一般的なカードローンやキャッシングとほぼ同じ条件になっています。

むしろ、業者によってはパートやアルバイトの女性をメインにサービスを提供しており、
利用限度額が低めに設定されていることもあります。

審査の厳しさに関しても、子育てや出産による休職、パートの不規則な勤務などは考慮してもらえますが、
特別審査に通りやすくなっているわけではありません。

安定した収入のある職場で長年勤務している女性であれば、レディースローンでも一般的なカードローンでも融資を受けられるでしょう。

借入に関する相談や申し込みなどの対応が男性でも問題ないという人ならば、特にレディースローンに限定する必要はありませんが、
女性らしいカードを持ちたい、話しやすい女性スタッフに対応してほしいという人にはオススメです。

どんな人が申し込める?

レディースローンは女性で安定した収入がある人ならば、誰でも申し込むことができます。

パートやアルバイトであっても、数年間継続して働いていれば融資を受けられる可能性が高いです。
主婦で内職などをしている人でも、収入があればその金額に応じて利用限度額を設定し、融資を受けられます。

また、レディースローンの中には、無収入の専業主婦の人でも配偶者の収入を合算することで、
融資が受けられるサービスを行っているところもあり、この場合には配偶者の同意が必要です。

年齢に関しては業者ごとに設定は異なりますが、一般的なカードローンとほぼ同じでだいたい20~60歳前後を対象としています。

主婦であっても借入をするのは本人になるため、配偶者の収入を合算するケースを除き、家族への通達や同意は必要としていません。

家族に内緒で借入をしたいという場合には、契約書を別住所に発送したり、
電話連絡を家族が不在の時間帯にしたり
とある程度対応してもらえます。

申し込み時の必要書類や手続きの流れ

レディースローンの申し込みをする時は、通常のカードローンの手続きとほとんど違いがありません。

用意するものは、本人確認のための運転免許証やパスポート等です。
振り込みによる融資を受けるときには、自分名義の預金通帳も必要です。

50万円以上の高額な融資を受ける場合には、年収を証明する確定申告書や源泉徴収票なども用意しましょう。

また、配偶者の収入を合算する時には、配偶者の収入を証明する資料の他に、
自身の収入を合算して借入をすることに同意する書類も提出する必要があります。

申込方法は複数あり、オンラインや郵送、ファックス、電話、無人契約機などが代表的なものです。

パソコンやスマホで簡単にできるオンラインの手続きは24時間いつでも受付をしているので、忙しい人でも簡単に申し込めます
オンライン申し込みの場合は業者のサイトで申し込みフォームに住所氏名や年収など、簡単な情報を入力するだけです。

後に本人確認書類をカメラで撮影してからアップロード、もしくはメール添付で提出すると、業者側の審査が行われます。

審査に通ると契約内容が表示されますが、これに同意すれば申し込み完了です。
あとは後日届くカードで現金を引き出すか、急ぎの場合には振り込みで融資を受けます。

レディースローンを取り扱っているのは?

レディースローンの取り扱いは、大手の消費者金融の他に銀行系でも見られます。

消費者金融の場合は、融資スピードの早さや利用可能なATMの豊富さ、審査の通りやすさなどが魅力です。

一方、銀行系のレディースローンの場合は金利が低いこと、豊富な資金力を持っており、
収入次第でまとまった金額を借りることも可能なことなどがメリットとして挙げられます。

いずれの場合も女性スタッフが対応してくれること、女性向けのカードが用意されていること、
融資を女性に限定していることなどが共通の特徴です。

レディースローンなら話しやすい窓口で安心

このように、レディースローンは借入条件については、他のカードローンとほぼ変わりません。

しかし、対応してくれるのが全て女性スタッフになりますので、何か質問したい時や、
諸事情により支払いが遅れる場合などは気軽に相談できるのがメリットです。

女性が借入をすることに引け目を感じる人もいますが、レディースローンの利用者は全て女性ですので、安心して申し込みましょう。

初めてお金を借りる方は、30日間無利息サービスがあるプロミスがオススメです。